マッチングアプリでおすすめ!人気が出るプロフ作成方法

165view

2018.07.03

人気マッチングアプリでNGのプロフ画像

だらしない写真

マッチングアプリを利用する際に、相手を一番よく知るためにはプロフィールを見ます。これは女性でも男性でも同じ。婚活でも恋活でも同じです。マッチングアプリでは、写真から第一印象を得ることで、コンタクトを取ってみようかどうかを決める重要な判断が下されることもあるのです。

そんな中、プロフィール画像がだらしなかったらどんな印象を持つでしょうか。例えば男性ならヒゲがだらしなく伸びていて髪の毛もボサボサ、着ているのがジャージなどといったものは、おすすめできません。全く誠実そうな印象を与えず、マッチングされたくない部類になってしまいます。また、写真を見ただけでプロフィールの詳細を見ようという気にもなりません。

顔が全部写っていない写真

今はカメラ機能にも、いわゆる『盛れる』機能がたくさんあります。本当の自分の表情が全く見てとれないほどに変身できてしまうようなタイプのものをプロフィール写真にし、スタンプで口元や顔半分を覆うなどして加工したりするものも見られます。

マッチングアプリでおすすめする人気のプロフ画像は、加工なしの素の顔が分かる写真です。上半身が分かるような引き具合がある方が、ステキに見えます。

本人は、恥ずかしさもあって隠しているだけかもしれませんが、マッチングアプリで本当に出会いを求めている人には「軽い」「不真面目」「不誠実」といった印象を持たれ兼ねません。また、全体像が想像できないほどのアップ写真もNGです。

本人ではないものを使用している

例えばSNSなどのアイコンなら、本人の趣味や趣向を取り入れていても、全く違和感はありません。しかし人気のマッチングアプリでは、本人でない画像を使用するのをおすすめしません。例えば風景や雑貨、車やタバコなどがアイコンでは、いくらプロフ画像がマッチしていてもどんな相手なのか人物としての想像がつきにくいです。

メッセージで感じの良いやりとりのはずが、顔が見えないだけで“怖さ”を醸し出すこともあります。できるだけ自分をしっかりアピールできるように、清潔感のあるイメージでマッチングの確率を上げていきたいものです。

プロフィール内容の充実が成功のカギ

できるだけ詳細に書く

人気のあるマッチングアプリでも、注目を集めるおすすめのプロフィールの書き方があります。一つは、できるだけ入力できる項目をしっかり埋めていくことです。第一印象になる画像だけが良い感じでも、中身がスカスカだと信頼性が薄くなります。

また、相手を知る大切な場所ですから、基本情報はなるべく詳細に入力するのが望ましいですね。だからといってプライバシーを公開しすぎるのも良くありませんので、むやみに個人情報を公開するのも控えましょう。

欲しがりアピールはダメ

例えば「彼女が欲しい!」「癒してほしい」「甘えさせてほしい」などの、欲しがりアピールをしてくる方は、少し感情をオープンにしすぎかもしれません。マッチングアプリで相手を探すとき、やはり一番は成人として自立していそうな相手がダントツで人気を集めます。

欲しがりアピールをする人は、過度に相手に自分の愛情を押し付ける傾向がみられることも予想されますので注意が必要です。どうせアピールするなら、欲しがりではなく“共感し合える”ことをアピールするようにしましょう。「一緒に」「共に」「並んで」など、互いが同じ立場で進めることを含めると、安心感が生まれやすいです。

性格や特徴について客観視してみる

また、質問形式の記入欄ではなくフリーアピール欄には、自分のパーソナリティが分かるような内容を盛り込んでいきます。趣味や休日の過ごし方、彼女ができたら一緒にしたいことなどを入力して、読んだ人がその情景を想像できるような感じにすることが大切です。

なるべく自虐的・否定的な言葉にならないように客観視しながら書いてみるのもおすすめです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る