マッチングアプリでおすすめの危険発見方法!会うのはNG?

256view

2018.07.03

マッチングアプリで会う時 危険性は高い?

出会いを求める場所として、多くの人が利用するマッチングアプリ。出会いの場所に危険はあるのかどうかを考えてみると、100%無い!とは言い切れません。普段から顔を合わせて表情や言葉の抑揚などを感じることが出来る相手とは違い、はじめは文字だけのやりとりなので、受け取り方によっては感じを悪くしてしまうこともあるでしょう。

マッチングアプリ上で交流する際には、危険を回避するためのいくつかの注意点を押さえておくことが重要です。そして何よりも、マッチングアプリで「いいな♪」と感じた相手を見極める時が、危険を未然に防ぐことの第一段階になります。

こんなタイプは注意が必要!会う前のチェックポイント

個人情報を晒さない

マッチングアプリで会うことになったとしても、しっかりお付き合いが確定するまでは、自分からの個人情報開示はしない方が無難です。住まいの詳細や、会社名・学校名なども安易に話してしまうとストーカーや詐欺、業者の標的になってしまうことも。

相手から聞かれるばかりの会話の仕方も問題です。自分が聞かれる側ではなく、聞く側に回って相手をよく吟味する立場になれるのが理想です。気分が良くなって、ついうっかり話してしまわぬように注意することをおすすめします。

容姿端麗さに騙されない

プロフィール画像がすごく自分好みで、会う約束もトントン進みました!といった体験談は多くありますが「デリヘル業者」「商材販売」「宗教勧誘」などの疑いがあることも考えられます。こういった類の人たちは「今すぐ」「今日中」など、会うことを急かすのも特徴です。

プロフィール画像にだけ目を奪われてメッセージのやり取りが始まってしまうと、肝心な相手の情報に目を向けるのが遅れ気味になります。会う時の為の情報不足から、予防線を張らないまま対面してしまうので、話を鵜呑みにしてしまいがちです。プロフィールの入力が薄いのは、単に「面倒」という一言では片付けられません。

本来、マッチングアプリで出会いたいと思って利用します。男性なら登録料まで支払って利用するのです。自分をアピールするプロフィールが適当ということ自体が、珍しいのです。しっかりプロフィールを確認することをおすすめします。

会う約束を夜にしたがるのはヤリモクかも

マッチングアプリで「会う約束をしても良さそう」と思っても、何故か時間帯を夜に持ち込もうとしたり、まずはお酒でも…とアルコールを持ち込もうとしたりする場合は危険です。大半がヤリモクの可能性があります。実際、仕事の都合や日程が合わない状態だっただけかもしれませんが、どちらにせよ初対面の女性に“深夜に外出させる”という気使いの出来ない相手であることは間違いありません。

最初は昼間の明るい場所で会うということを、相手にも理解してもらえるように話を進めることがおすすめです。また、ヤリモクはすぐにLINEのIDを聞きたがる傾向にあります。一度も会ったことの無い人に聞くことは、やはり誠意を伝える手段としてはNGです。こういった相手とはすぐに会うことは避けた方が無難かもしれません。

相手は既婚者かもしれない

マッチングアプリで出会って恋に落ちたら、何か運命的なものを感じて盛り上がる事もあるかもしれません。しかし、本当にあなたの選んだ相手は恋をしていい相手なのでしょうか。万が一、既婚者が独身と嘘をついて付き合いを始めた場合には、最悪『慰謝料』や『損害賠償』といった裁判沙汰にもなりかねません。既婚者が嘘を付いてマッチングアプリを利用している時には、必ずあなたに何かを隠します。

何度かデートを重ねても体を許すことには慎重になった方が良いでしょう。そういった関係になる前に聞いてほしい一言があります。「住所を教えてほしい」の一言です。もし相手が、自分に対して愛情をもって接してくれていても、この言葉ですぐに嘘をついているかどうかが分かります。また、本気か遊びかどうかも。ぜひ疑わしいときには使用してみて下さい。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る